基板設計のポイント 基板実装現場からの視点

搭載不可範囲/捨て板

基板実装現場の視点で基板設計をすることにより、お客様は工数削減・品質向上等のメリットが得られます。
基板設計時、搭載不可範囲に部品を配置しない方がよいのですが、それができない場合の対応策として捨て板をご提案します。

ご注意

板端面の一定寸法は搭載不可範囲となっておりますので、部品を配置しないよう気をつけましょう。

ご対応・ご提案

基板サイズを最大限部品配置、パターンに使用したい場合は下記のように「捨て板」を追加することにより対応可能となります。

関連性のあるオススメページ