基板設計のポイント 基板実装現場からの視点

正読方向に準じた部品配置

基板実装現場の視点で基板設計をすることにより、お客様は工数削減・品質向上等のメリットが得られます。
このページでは、噴流はんだ槽で実装する極性部品のパターン設計について、
逆付けや検査工数の削減といった、品質向上・品質改善の観点からご提案しています。

問題点

基板設計時に極性部品の向きの統一感を意識しなかった基板の場合、
実装時の逆付けや、目視検査の見落としの原因になりがちです。

対応策

基板設計(パターン設計)上の制約に影響しない場合は
正読方向に合わせて部品を配置すると、実装・目視検査の工数や、実装ミス・見落としの低減が図れます。

関連性のあるオススメページ

工場見学
アイコン

各種御見積依頼