電子機器組立のポイント ものづくり視点

ネジと締め付けトルク

電子機器組立にはネジ止め、線材加工、配線加工等の工程があり、それらの基礎項目についてご紹介します。
ネジの種類とトルクについて説明しています。

ネジの種類

ネジの種類は様々ありますがこれは用途によって使用目的が異なります。

ナベネジ

  • 一般的なネジで始めからスプリングワッシャーや平ワッシャーが入っている物もあります。

    スプリングワッシャー入り⇒セムスネジ スプリング、平ワッシャー入り⇒ダブルセムス

バインドネジ

  • ナベネジより座面が広く又デザイン性を重視してユニットの化粧ケース取り付けなどに使われる。

タッピングネジ

  • ネジ頭はナベ、バインド、皿などいろいろ。
  • 基板のコネクタ固定などに使用される、対象の素材を削りながら取り付ける為外してから再度取り付けは不可。

締め付けトルク

ネジは、ネジ系に応じた最適な締め付けトルクで締めねばならない。

ネジ径 (基板)締め付けトルク(Kg・Cm) (その他)締め付けトルク(Kg・Cm)
標準トルク 許容下限値 許容上限値 標準トルク 許容下限値 許容上限値
2.6m/m 3.1 2.8 (3.9) 5.3 3.9 (6.7)
3.0m/m 5.4 3.9 (6.9) 9.3 6.8 (11.8)
4.0m/m 12.7 9.8 (16.1) 14.5 10.6 (18.4)
5.0m/m 25.5 18.6 (32.4) 29.2 21.8 (37.1)
6.0m/m 39.6 28.9 (50.8) 45.2 38.0 (57.4)

確認は校正されたトルクドライバーにて、上記標準トルクにセットしてそれ以上締め付けない事。

関連性のあるオススメページ