電子機器組立のポイント ものづくり視点

配線加工

電子機器組立にはネジ止め、線材加工、配線加工等の工程があり、それらの基礎項目についてご紹介します。
配線加工について説明しています。

予備はんだ

  • 電線に予備はんだを行う。

    電線の被覆を予めLの長さで剥いておく。(図1
    Lの長さは該当するコネクタのソルダーポットDの長さより1mm程長くとる。

はんだ付け

  • コテ先を端子にあてて加熱しハンダを流し込む。

    この際芯線を加熱すると被覆が溶けてしまうので注意する事。
    はんだ付け後はんだ付け状態を確認し絶縁チューブ(収縮チューブ)を被せる。

関連性のあるオススメページ

工場見学
アイコン

各種御見積依頼